松山市でおすすめの小中学生向けロボット教室/プログラミング教室とは

愛媛県松山市で子供(幼児・小学生・中学生)をプログラミング教室/ロボット教室に通わせたいと考えた場合に、どのような観点で選べばよいのでしょうか。
本サイト内の「子供/小学生向けプログラミング教室の種類と選んではいけない教室」で2つの重要ポイントは紹介しました。

  1. 本業と合わせて片手間に開講されている教室は選ばない
  2. 初心者向けの内容しか開講されていない教室は選ばない

これらも踏まえて、愛媛県松山市で最も良い子供(幼児・小学生・中学生)向けロボット教室、プログラミング教室はどこなのか紹介します。

松山市でおすすめの子供/小学生向けロボット/プログラミング教室

大前提にプログラミング教室を探す場合に見る内容

保護者自身がプログラミング教室を比較検討する上では、ゲームやアプリ制作を主にプログラミングを学ぶのかロボットを制作・制御を主にプログラミングを学ぶのかを考える必要があります。その上で、学習面、指導面、料金面の3つの観点で見ていきます。

1.学習面:教室の方針や目指すレベル等

教室によって学習の進め方等は異なっており、特に次のポイントを確認すると良いです。
プログラミング教室は、論理的思考力や技能面の習得に繋がる場所ではありますが、創造的にものづくりに取り組む側面も強いため、子供の興味や個性、適性に合った教室を選ぶことでスキルや可能性を大きく伸ばすことができます。

  1. カリキュラム(授業回数、授業の進め方、同時に授業を受ける人数)
  2. 教室の方針(創造性や自主性・主体性を重視〜知識の習得を重視)
  3. 目指す技能レベル(プログラミングに慣れ親しむ〜アプリの作成まで)
  4. 対象年齢(いつまで通えるのか)

また、学習の成果をどのように出してくれるのかもチェックしてください。定期的にレポートが出てくるのか、作成した作品を発表する機会が設けられているかなど様々です。区切りや目標がしっかりある方が学習効果は高まりやすいです。

Advertisement

2.指導面:どのような指導者(スタッフ)が教えてくれるか

習い事全般で言えることですが、子供へ実際に指導にあたる指導者(スタッフ)がどのような人(年齢層・タイプ)なのかはチェックが必要です。
プログラミング教室の場合は、年齢層の若い指導者(スタッフ)がフレンドリーな雰囲気で教える教室もあれば、現役エンジニアなど専門知識に長けた指導者(スタッフ)が教えることを売りにしている教室もあります。

3.料金面:トータルの金額を考える

プログラミング教室の場合、入会金・月謝の他に教材費(テキスト・ロボットキット)が必要です。ロボットキットは、買取の場合と貸与の場合の両方があります。
また、教室によってパソコン(タブレット)の貸与費、教室管理費が別途かかる場合もあるため、トータルでどのくらいかかるかを試算しましょう。

松山市でおすすめの子供/小学生向けロボット/プログラミング教室

松山市でおすすめの小学生向けプログラミング教室はどこか

これまでに紹介してきた視点を元に、愛媛県松山市でおすすめのプログラミング教室はどこか見ていきます。2020年6月時点で、松山市にプログラミング教室は約50箇所ありますが、そのほとんどが選んではいけない2つの内容に該当する教室です。

おすすめは、ITものづくり教室テックプログレス

ITものづくり教室テックプログレスは、愛媛県松山市で最初にプログラミング教育を始めたところです。また、総務省が実施した「若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業」を愛媛・広島・京都エリアで担当したり、大企業のプログラミング教育事業のサポートをしたり等、プログラミング教育のプロ集団といえます。

Googleマイビジネスに登録されている口コミも高評価が多く、公開されている子供の成長事例は感心させられるものばかりです。

複合型ものづくり教室で学ぶ内容も速度も子供によって変わる

ITものづくり教室テックプログレスは、ゲームやアニメーション、アプリを制作することも、ロボットを制作、制御することも、3Dプリンターを使ってものづくりをすることもできる、複合型のものづくり教室です。

入会時に、ゲームやアニメーションの制作かロボットの制作・制御かコースの選択をしますが、興味関心に合わせていつでもコースも変えられるようになっています。
また、固定のカリキュラムは存在しておらず、基礎の学習さえ終えてしまえば、子供の挑戦したいことや創ってみたいものを指導者(スタッフ)が教えてくれる、完全オーダーメイド型の授業スタイルになっていることも魅力的です。

Advertisement

学習の成果の見える化から会社見学までサポート

普段の学習成果は、定期的なレポートが出てくる他、テックプログレスDAYという通学生の発表会が毎年開催されています。また、学んだことが社会でどう活きるのかを知るきっかけとして企業訪問などの外部企画(イベント)も充実していることも特徴です。