コーディネーション能力を高めるトレーニングで運動神経を良くする方法

運動が苦手な親は子供には運動に苦手意識を持ってほしくないと考えていることでしょう。また、運動音痴は遺伝すると考えている人もいますが、運動能力はその人が育った環境によって、発達の度合いが大きく変わるもので遺伝とは関係ありません。適切な時期に適切な運動を行うことができれば、運動神経は伸ばすことができます。本記事では、運動神経を伸ばすことができるコーディネーショントレーニングについて紹介します。

コーディネーショントレーニング

コーディネーションとは運動能力向上のための理論

コーディネーションとは、1970年代に旧東ドイツのスポーツ運動学者が考え出したアスリートの運動能力向上のための理論です。簡単に言えばコーディネーション能力は、状況に合わせて「体の動き」や「力の加減」を調整する能力を指します。

人は身体を動かすことを、目や耳から入った情報を脳で処理して、神経に電気信号を送ることで行っています。身体をスムーズに動かすためには、脳と体、あるいは体の部位と部位の「神経回路」がしっかり連係しているほど、脳からの電気信号を速く、正確に伝えることが必要です。即ち運動センスの正体は、脳からの電気信号を速く、正確に伝えられるかどうかということです。

コーディネーションの7つの能力とは

コーディネーション能力は、リズム能力、バランス能力、変換能力、反応能力、連結能力、定位能力、識別能力という7つの能力に分けられます。何らかの動作や運動を行う時は、それぞれが個別なものではなく、7つの能力が複雑に、そして瞬間的に組み合わさっています。

リズム能力:タイミングを計ったり、動きをまねしたり、イメージを表現する能力で、簡単に言えば目で見た動きを、自分の体で再現できる力です。

バランス能力:必要な体勢を保つ能力で、簡単に言えば体勢が崩れたときに立て直すことができる力、不安定な物の上や空中で体勢を保ち動ける力です。

変換能力:状況に合わせてすばやく動作を切り替える能力で、簡単に言えば急な変化に対して、適切な動きをとれる力です。(※バウンドで動きが変わったボールを捕球する 等)

Advertisement

反応能力:合図にすばやく、正確に対応する能力で、簡単に言えば音や人の動きなどの情報をすばやく察知して、正しく速く動き出す力です。(※合図と同時に走り出す 等)

連結能力:関節や筋肉の動きをつなげスムーズに動かす能力で、簡単に言えばいくつかの異なる動作をスムーズにつなげて、流れるような一連の動きにする力です。(※追いかけてボールをキャッチして、投げ返す動作 等)

定位能力:相手やボールなどと自分の位置関係を把握する能力で、簡単に言えば距離感を掴んで判断する力です。(※縄跳びで回る縄を跳び越す、人と一定感覚をあけたままぶつからず走る 等)

識別能力:手や足、用具を意のままに操作する能力で、簡単に言えば力加減をコントロールする器用さのことです。(※ボールを投げる強さを変える、バットやラケットを降る強さを変える 等)

コーディネーショントレーニング

コーディネーション能力が伸びる年齢

コーディネーション能力は、子供の発達段階において運動神経に関わる「神経系」の発達が成人レベルへ急激に近づく12歳頃までに鍛えておくことが重要です。運動神経は、3〜4歳頃から伸び始めて12歳頃には成人と同じ100%まで発育すると言われ、この最も発達する時期に合わせて多種多様な動きを体験させることが重要なのです。

中村和彦著「運動神経がよくなる「からだ遊び」 ―小学校入学までに差がつく!(PHP研究所)」の中で、日本のトップアスリートたちの約6割は、幼少期に毎日2時間以上遊んでいた、とも書かれており、遊びながらコーディネーション能力を伸ばす工夫もしてみましょう。

Advertisement

コーディネーショントレーニングに関する参考書籍

東根明人 著・一般社団法人コーチングバリュー協会 編集「楽しみながら運動能力が身につく!幼児のためのコーディネーション運動」明治図書出版
小さい子供でも楽しめるコーディネーション運動を150例、子供の年齢に合わせた指導ができる年齢別プログラムメニューを30例が紹介されています。

高橋宏文著「子どもの身体能力が育つ魔法のレッスン帖」メディア・パル
運動神経を伸ばすためのトレーニング方法、考え方がイラスト付きで解説されています。