子供の運動神経を伸ばす時期ゴールデンエイジと取組みたい運動を解説

子供が年齢を重ねるにつれて体が大きくなったり、できることが増えていく中に成長段階があるように、運動神経も同じで運動能力を向上させるのに最適な時期が存在します。本記事では、子供の運動神経が伸びる時期はいつなのか、その時にどのようなアプローチを取ってあげることが重要なのか紹介します。

ゴールデンエイジ

ゴールデンエイジは運動神経が良くなる黄金期

ゴールデンエイジとは、子供の発達段階において神経系の発達が成人レベルへ急激に近づく年齢のことで、運動技術の習得を容易に行うことが可能な時期のことです。アメリカの医学者R.E.スキャモンが1928年に発表した「スキャモンの発育曲線」の中で、20歳のときのヒトの発育状態を100%として、4系統(一般型、神経型、生殖型、リンパ型)の発達の仕方をグラフ化しました。

その中で運動神経に大きく関わる「神経型」は、3〜4歳頃から伸び始めて12歳頃には成人と同じ100%まで発育します。この神経系が最も発達する時期に合わせて多種多様な動きを体験して神経回路を刺激することが重要だと言われています。

ゴールデンエイジが注目されている理由

シチズン時計株式会社が2016年に発表した「子どもの時間感覚」35年の推移によれば、小学生の子供が平日に1日あたり「外で遊んでいる時間」が、1981年に2時間11分だったのに対して、2016年では1時間12分と35年の間に半減しています。近年では、転び方は上手くないなどの理由で大きな怪我をする例も増えており、運動神経が鈍い子供が増えているようです。

親の運動音痴は遺伝するわけではない

もともと運動神経が良い悪いという表現は造語です。脳の発する信号が筋肉までいく神経系の途中にあるものが「運動神経」であり、あくまで電気信号が通るだけで、電気信号の通り方に良いも悪いもないということです。谷けいじ著「12歳までの最強トレーニング(株式会社実業之日本社)」の中でも次のように紹介されています。

練習で培った技術やトレーニングで身につけた成果は遺伝しません。つまり、運動能力はその人が育った環境によって、発達の度合いが大きく変わってくるのです。これらを前提に話を進めると、運動が得意か苦手かは、運動を「しているか」「していないか」によるといえます。

ゴールデンエイジ

ゴールデンエイジには3段階ある

ゴールデンエイジの前後を含めた期間を3段階に分けて、5〜9歳までの「プレゴールデンエイジ」、9〜12歳の「ゴールデンエイジ」、13歳以降の「ポストゴールデンエイジ」と称している場合が多いです。それぞれの期間で段階を踏んだ運動や遊びを行うことで、運動神経の良い器用な子供になる可能性が高まるでしょう。

プレゴールデンエイジ(5〜9歳まで)に取組みたいこと

準備時期である「プレゴールデンエイジ」は、ゴールデンエイジで動きの習得をスムーズにするために重要な時期にあたります。大脳からの命令がうまく筋肉へ伝わる仕組み(頭でイメージした通りに身体を動かせるようになる)が最も発達するのがこのタイミングで、キャッチボール、縄跳び、泳ぐ、リズムに合わせて踊るなど様々な動きを経験させると良いです。

特に水泳(スイミング)はプレゴールデンエイジに最もおすすめな運動のひとつで、「東大生の約6割が子供時代に通うスイミングを習い事にするべき理由」で詳細に解説しています。

Advertisement

ゴールデンエイジ(9〜12歳まで)に取組みたいこと

筋肉への命令をスムーズにするための大脳や神経が新しいことを最も吸収しやすく、また体も筋肉や骨格が動作の習得に最も適しているのがこのタイミングです。スポーツであればテクニックやスキルをしっかり習得させ、正しい動き方を身につけさせると良いです。

ポストゴールデンエイジ(13歳以降)に取組みたいこと

男女共に思春期を迎えるこの時期は、敏捷性、持久力がより身についてくるタイミングです。また、女子は13〜14歳頃、男子は16歳以降から、身体の成長に合わせて軽い負荷でのウエイトトレーニングをすると良いです。身体の成長が止まる前に重い負荷のウエイトトレーニングを行うことは、身長が伸びる過程に影響が出る可能性があるため気をつけましょう。

ゴールデンエイジ

幼い頃は専門トレーニングの前に様々な動きを経験させる

活躍するプロスポーツ選手が2〜3歳から練習をしていたと聞くことも多く、早くから専門的なトレーニングを習わせることが重要だと考えてしまいがちですが、幼い頃は「基本動作」ができるようになることが何より大切です。山口典孝著「全解剖 体を動かす「骨と筋肉」のしくみ 知ればスポーツがうまくなる!(誠文堂新光社)」でも次のように書かれています。

脳・神経系の発達は10歳でほぼ完成するので、運動の基礎となる協調性や反射的な身のこなしなどはこの時期までに身につけておくことが理想的です。この時期を過ぎるまでは、特定のスポーツに専念するよりも、いろいろな運動を経験することが大切です。

経験を重ねる中で、運動の種類の中で得意不得意、競技の適性が出てくるため、特定の専門的なトレーニングを始めるのは高校生くらいの年齢からでも遅くないといいます。早くからひとつの競技ばかりを続けさせることは、筋力の偏りや故障の原因にもなります。親として子供がバランスよく身体を動かせる環境と機会を用意する配慮をしていきましょう。