プログラミング教育で「Scratch(スクラッチ)」が普及している理由

子供(小学生・中学生)向けのプログラミング教育で日本のみならず世界で最も使われているプログラミング言語は間違いなく「Scratch(スクラッチ)」です。子供にプログラミングを学ばせる上で「Scratch(スクラッチ)」が開発された背景や思想を知ることは、プログラミング教育の本質を理解することに繋がるため細かく紹介します。

Advertisement

子供に使われる主要な言語:Scratch(スクラッチ)

Scratchは、MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボ・ライフロングキンダーガーテングループが開発した8歳〜16歳向けのビジュアルプログラミング言語です。ブラウザから無料で利用することができ、世界150以上の国々の小学校やプログラミング教室などの教育現場で使われています。また、世界中の多くの子供向けプログラミング教育教材/ツールの参考とされており多大な影響を与えています。

ビジュアルプログラミング言語とは、プログラムをテキストで記述するのではなく、パソコンのマウス操作、タブレット端末のタップ操作で画面上のブロックを組み合わせてプログラミングするプログラミング言語のことです。

命令ブロックを組み合わせるだけでプログラミングができる

様々に用意されている命令ブロックを組み合わせるだけでプログラムを完成させられます。画面上のキャラクターを単純に動かす順次処理だけでなく、反復処理、分岐処理など命令ブロックを組み合わせれば複雑なゲームでもつくることができます。

Scratch(スクラッチ)の特徴や思想

Scratchは、子供でもマウス操作のみで視覚的にゲームやアニメーションをつくれる、という理由だけで広く使われるようになったわけではありません。プログラミングスキルだけでなく、子供の創造的な学びを養うために設計されているポイント、ツールの特長から紹介します。

初心者から上級者まで幅広く対応できる言語

Scratchには「低い敷居と高い天井、広い壁」という設計思想があります。低い敷居は、初めてプログラミングを体験する誰もが簡単にゲームやアニメーションがつくれることです。高い天井は、他のテキストプログラミング言語でつくられたゲームやアニメーションに劣らない複雑で大規模なプログラムにも耐えられる、習熟度に応じて対応できることです。

広い壁は、Scratchでつくれるものはゲームやアニメーションだけではないことです。LEGOなどのロボットを繋いで動かすこともできれば、拡張機能を使って機械学習、人工知能(AI)の仕組みをつくることもできます。

Scratch(スクラッチ)

創造的な学びのサイクルを自然に生み出す

Scratchには「Creative Learning(創造的な学び)」という考え方もあります。作品をつくっている過程で多くのことを学んでいるという意味で、具体的には「Creative Learning Spiral(クリエティブラーニングスパイラル)」というサイクルをで説明がされます。

Creative Learning Spiralは、どのようなものを作るか想像(Imagine)して、実際につくって(Create)みて、自分で遊んで(Play)みる、家族や友人に共有(Share)してフィードバックを得る、その上で作品を振り返る(Reflect)ことでどう改善するかを考える、という流れです。

テキストプログラミング言語であれば、最初のコードを書くまでのハードルが高い(コードを書くための環境を設定して使いこなす、英語での文字入力ができる)ですが、Scratchは実際につくるまでがすぐに行えます。また、作品を公開(共有)するための機能や、他の人がつくった作品はプログラムの中を見ることも、自由に改変(リミックス)することもできます。

製品用のオリジナルアプリを自由に制作できる

Scratch自体がオープンソースで、開発者が利用することができるため、自社製品用のオリジナルプログラミングアプリ等が、Scratchをベースにして作られている例が多くあります。また、製品側が、Scratchでもプログラミングできるように対応するケースも多いです。

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコード(プログラミング言語で記述された文字列)を無償で公開し、誰でも自由に改良・再配布ができるようにしたソフトウェアのことです。

パソコンでもタブレットでも利用できる

Scratchはウェブブラウザで利用しますが、パソコンだけでなくiPadなどタブレット端末でも利用することができます。また、ソフトウェアをダウンドードすればインターネットに接続していなくてもScratchを使うこともできます。

Scratch(スクラッチ)

おすすめの参考書籍

Scratchには基本的な使い方、ゲームのつくり方まで参考となる情報がインターネット上や書籍として多くあることも魅力です。数ある書籍の中でもおすすめの書籍を紹介します。書籍を選ぶポイントは、あまり学習チックなサンプルが多いものではなく、簡単なゲームのつくり方が多く紹介されているものを選ぶことです。簡単なゲームであれば、本を見ながらの自学でもつまづく可能性は低く、自分で自由に改造をして楽しむことができるためです。

株式会社TENTO&できるシリーズ編集部著「できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch3 プログラミング入門」インプレス
日本初の子ども向けプログラミング教室「TENTO」が執筆、アクションゲームなど11種類のゲームのつくり方(サンプル)が丁寧に紹介されています。
ヴォーダマン,キャロル・山崎正浩著「Scratch3.0対応版 10才からはじめるゲームプログラミング図鑑:スクラッチでたのしくまなぶ」創元社
番外編:初心者向けではなくある程度、Scratchを触って基本操作を理解している場合におすすめですが、8種類のゲームのつくり方(サンプル)が紹介されています。