幼児向けプログラミング教育が魅力的な理由とおすすめアプリ&おもちゃ

学習指導要領改定によりプログラミング教育が必修化されたこともあり、子供をプログラミング教室/ロボット教室に通わせる事例が増えていると同時に、未就学児/幼児(5歳〜6歳)向けのプログラミング教育も知育として注目されています。本記事では、なぜ幼児教育としてプログラミングが注目さているのか、自宅でも使えるおすすめ教材を紹介します。

Advertisement

3歳児の約半数が既に情報機器を利用している

内閣府が0歳〜9歳の子供を持つ保護者を対象に行った平成29年の調査によると、スマートフォンやタブレットなどいずれかの情報機器を57.4%が利用しており、その内タブレットを22.6%が利用しているという結果が出ています。年齢別で見ると、1歳で11.6%、2歳で37.4%、3歳で47.5%と既に約半数の子供が情報機器を利用しており低年齢化が進んでいることが分かります。

受験にもパソコン(コンピュータ)が使われるようになり、就職でもプログラミング技能が優位になるようになっており、幼少期から学習や生活の中に適切な形で取り入れていくことは、将来にとってもメリットが大きいでしょう。

プログラミング教育

幼児向けに行うプログラミング教育の目的

プログラミング教育が必修化された背景はもともと、高度IT人材が今後より一層不足していくことを踏まえて産業界からも人材育成としてプログラミング教育の要請が行われていました。そのため中長期的には技能を身に付けることも求められますが、未就学児/幼児(5歳〜6歳)へはあくまで遊びの一貫として捉えておきましょう。

物理的な制約を受けずに表現活動ができる

絵を描くこと、粘土でなにかを作るような普段の遊びと異なり、物理的な制約を受けることなくイメージを表現することができます。タブレットさえあれば、車を動かしてみたり、好きな物語をつくったりと、遊びながら想像力を広げていく絶好の機会になります。

Advertisement

自己肯定感を育むことができる

イメージしたものを作ってみたいという状態から、完成段階に持っていくまでの一連の作業を短時間で体験することができます。また、できたものを周囲に見せたり、他の作品を見ることで、そこからさらに新たなアイデアが浮かび試行錯誤に繋がったり、新しい作品を作りたい、という創造的なサイクルが生まれます。

幼児向けプログラミング教育でおすすめのアプリ

プログラミング教育に簡単に取組むことができるおすすめの学習アプリ/教材で、プログラミング教室でも多く使われる「ScratchJr(スクラッチジュニア)」を紹介します。

ScratchJr(スクラッチジュニア)

MIT(米国マサチューセッツ工科大学)メディアラボが開発した、子供向けのビジュアルプログラミング言語で世界で最も使用されている教材「Scratch(スクラッチ)」の低年齢の幼児(5~7歳)向けに開発されたアプリ/教材です。

ScratchJr(スクラッチジュニア)は、インターフェースは文字が少なくひらがな表記、イラストアイコンがベースで、条件分岐といった複雑なものはなく、コーディングを直感的に学ぶことができるツールです。実用的なプログラミングスキルを磨くことよりも、物事を論理的に順序立てて考える癖を学ぶことに重きが置かれています。

ScratchJrの使い方などはYouTubeでも情報が多く発信されていますが、橋爪香織・谷内正裕著、阿部和広監修「5才からはじめる すくすくプログラミング」は有名な参考書籍でおすすめです。

幼児向けプログラミング教育でおすすめのおもちゃ

アプリ完結ではなく、実際に触りながら体験できるとより興味を引くことができるものです。幼児向けのプログラミングおもちゃの中で評判も良いおすすめを2つ紹介します。

プリモトイズ キュベット プレイセット

プリモトイズ キュベットは、イギリス発の3歳からプログラミング脳を鍛えることができる木製のロボットで世界中で販売されています。デジタル画面を使わず、カラフルなブロックを実際に手で組み合わせてプログラムをつくり動かして学びます。

コード・A・ピラー ツイスト

コード・A・ピラー ツイストは、イモムシ型のプログラミング玩具です。イモムシの5つの胴体にそれぞれ4種類ずつ命令をダイヤル式で1つ選べるようになっており、実行すると順番に指定した命令で動きます。スタート地点とゴール地点、障害物を設定して、命令をイメージしながらつくって動かしてみる、という学び方ができます。

Advertisement

幼児向けプログラミング教育講座の設置を支援【PR】

2015年からIT教育を専門に扱う株式会社テックプログレス(本社:愛媛県松山市)では、幼稚園や保育園、インターナショナルスクール等で新しくプログラミング教育講座を新設するサポートを行なっています。これまで大企業のIT教育事業の新規立ち上げ他、教材提供を全国200箇所以上で行っている実績があります。【お問合わせ・相談はこちらまで